企業によっては、面接前に履歴書を提出しなければならないことがあります。この履歴書を見て、実際に面接を受けるかどうかを決定します。基本的に書類選考で通った場合、競合している相手がいないのであればほぼ採用されることになります。ただ面接で問題発言を行った場合は採用されません。

 

 こうした履歴書の事前提出は色んな会社が行っています。面接時に履歴書を渡されても、すぐには全てを見ることができません。事前に見ることによって、その人の特徴を企業側が掴むことができますね。これにより事前提出の場合は、履歴書をよりしっかりと書かなければならないと思います。

 

 最近ではWebを利用して履歴書を提出するように求められる企業もいます。Web関連の企業ではよくあることですが、こうした部分を見ることによってどれだけの実力を持っているかがわかるのです。基本的にPDF形式での提出を求められると思います。

 

 この形式での提出の際は、元々PDF化されている履歴書を用意して、その後記述をすることになります。後は通常の履歴書とさほど変わらない感じで進めていけるので、難しいことは決してありません。ただ紙の物とは違った部分があるかもしれないので、良く見てから書くようにしてください。

 

 事前提出の場合は、企業に合った方法で履歴書を作成し、自分のアピールが出来るようにしなければなりません。その履歴書が採用を大きく分けることも多いのです。