転職活動はなべく円滑に進んでほしい!誰もがそう思うのではないでしょうか。ただでさえ、多少なりともリスクがつく転職ですから、とどこおりなく活動したいですね。なかでも、最近メディアで取りざたされてるブラック企業には気をつけたいものです。そこで、ブラック企業を避けて、うまく転職をするにはどうしたらよいのでしょうか。

 

 転職活動中に、気になる会社がもしブラック企業だったら?時間の無駄になるだけでなく、万が一入社して、大変なダメージを負うのだけは、是が非でも避けたいですね。ブラック企業はどのように見極めればよいのでしょう。

 

 たとえば、やたら若手社員が多い企業は注意が必要です。また、毎回大量募集している会社は、ブラック企業の可能性が高いので気をつけましょう。年中ハローワークや求人情報誌の常連になっている会社はやめたほうが無難です。募集人数がいつも多いということは、離職率が高いことにもなります。さらに、すぐに幹部になれるとか幹部候補募集と言うフレーズにも気をつけたほうがよいですね。

 

 また、面接して内定をもらった企業がもしかしたら・・?と疑うこともあるかもしれません。そのようなときは、インターネットで口コミや評判を調べてみるとよいですね。ただ、ネット情報を100%鵜呑みにしないようにしましょう。最後は、自分の判断で行くかどうかを決めたいものです。

 

【参考サイト】
受付へ転職する
受付へ転職を成功させたい方集合!

 

社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 

 以上のようなポイントを押さえ、ブラック企業かどうかを見極めるとよいのではないでしょうか。なるべくスムーズに転職活動できるように、慎重に行動するとよいでしょう。少しでも怪しいと思った企業には近づかない方がよいですね。